• HOME
  • プログラム

プログラム

【大会長講演】

• がんのリハビリテーションの多様性
演者:杉浦 英志(名古屋大学医学系研究科総合保健学専攻 教授)

【基調講演】

• がんのリハビリテーション診療 最新のトピックスと今後の展望
演者:辻 哲也先生(慶應義塾大学医学部リハビリテーション医学教室 教授)

【教育講演①】

• がんと身体活動量
演者:小野 玲先生(国立健康・栄養研究所 身体活動研究部 部長)

【教育講演②】

• がんと摂食嚥下障害
加賀谷 斉先生(国立長寿医療研究センター リハビリテーション科 部長)

【教育講演③】

• これからのがんリハビリテーション医療に必要な「がんロコモ」という観点
演者:河野 博隆先生(帝京大学医学部整形外科学講座 主任教授)

【教育講演④】

• 緩和ケアにおけるリハビリテーション医学・医療の重要性
演者:下山 理史先生(愛知県がんセンター緩和ケア部 部長)

【教育講演⑤】

• 脊椎腫瘍に対する手術療法
演者:安藤 圭先生(日本赤十字社愛知医療センター名古屋第二病院整形外科 脊椎脊髄外科 副部長)

【シンポジウム①】

• 周術期がんリハビリテーションの多様性

【シンポジウム②】

• がんのリハビリテーションにおける多様なリスク管理

【シンポジウム③】

• 復学・復職を支えるがんリハビリテーションの多様性

【シンポジウム④】

• 終末期がん患者のリハビリテーションの多様性